自転車と双眼鏡~鳥観て星観て~

双眼鏡「初心者」が自転車に乗って鳥を観たり、夜は星を観たり。

感覚を総動員する


かつてない6月中の梅雨明けにより、一気に真夏日となった。

こうも暑いと折角の可愛い鳥達に逢いに行きづらく・・・とはならない。

暑くとも鳥たちのくらしはあるわけで、こんな日でも彼らは何をしているのか?

近くの造成地に出かけてみる。

素晴らしい快晴!

晴天も晴天・・・6月だというのに日差しが膚を焦がすこの感覚。

敷いたばかりのアスファルトが発する匂いと、海からの匂いがぬるい空気と

共に鼻腔に入り込んでくる。呼吸が少々辛いか。

これだと7、8月は一体どうなるのか?先が思いやられるが、まず観たのは

コアジサシ。もうヒナもおらず、営巣は終わり。数羽が上空を舞うのが見えた。

トビやミサゴは姿を見せず・・・やはり暑いのは嫌なのだろうか。

観るだけではない。耳も全力で動員だ。(小生は聴いた音の方向を探れない)

そんな中、「ヒッヒッヒッヒッヒッ!」と連続した単音が聞こえた。

やはり音の方向が分からない。そこで眼も皿のようにして見張る。見張る・・・。

そしてようやく、杭の上に音の主がいることを見つけた。スズメくらいの大きさ。

何の鳥だろうか?ホオジロ?セッカ?

明らかにカワラヒワなどではない。見たことがない鳥だ。なんだろうか?

こういう時は、さすがに5倍では少々力足らず。なんちゃってコリメイトを行うが、

あまりよい画像とはいえない。写真に収めて帰ってから調べよう。

それにしてもなんだろう?過眼線と頭頂線が目立つが、頬線はない。腹は白い・・・

ホオジロの出来損ない・・か?

家内の意見はセッカだろうとのことだが、結局分からなかった。

今日観た鳥:コアジサシカワラヒワホオジロ、シロチドリ、アオサギ、ヒヨ、

ダイサギ、ツバメ、カチガラス、キジバト、ムク、セグロセキレイハクセキレイ

イソヒヨドリ♀、ウグイス

使用機材:サイトロン サファリ5×21

アオサギの静と動

昨日の雨で茶色く濁った水が流れ落ちる関で数羽のアオサギを見かけた。

このアオサギ、水面をじいーっと見据えて餌を待っていることが多い。

まずは右向き

もっとも、この個体は頸をすっと伸ばしたモデル立ちをしていた。この姿勢で

動かざることしばし・・・それにしても、あと一歩で鶴になれそうなスタイルだ。

そうやっているとおもむろに向きを変えてくれた。何。撮ってくれだと?

写真の反転ではない

アオサギはサギ類の中では、まま人に近しい部類ではなかろうか。あまり人を

恐れないというか。

さて、次は飛んでくれたので自分の中では良いカットが撮れた(と思っている)。

流れ込みへ急上昇

ふわりと舞い上がる。翼の打ち下ろし回数から揚力はそこそこありそうだ。

そして関の上でくるりとバンクし、元の場所へ戻るコースで飛行してくれた。

濁流を飛ぶ

翼の形をよく見ると、飛び方や速度に応じた形状となっていることが分かる。

翼幅が長いから、ふわりと滑空するような飛び方が得意そうな形だろう。

(逆はツバメなどの短いブーメランのような翼。実に俊敏である。)

アオサギがまるでリクエストに応えたかのような行動をしてくれたので、楽しく

写真を撮ることができた。

静かな佇まいと優雅な飛行をどちらも披露してくれたので大満足である。

今日観た鳥:アオサギダイサギチュウサギセグロセキレイハクセキレイ

カワウ、ホオジロカワラヒワ、トビ、ヒヨ、コゲラシジュウカラメジロ

ウグイス、ヤマガラ、ヒバリ、ムク、カチガラス、キジバト、モズ

カッコウコジュケイ(どちらも声だけの出演)

使用機材:ペンタックス パピリオⅡ 6.5×21

田んぼは見飽きない

田植えが済めば、今度はカエルの声が聞こえ始めた。

カエルだけではない。トンボにウンカにミズスマシ。マツモシムだって水面に

ぶら下がって泳いでいるのが見える。虫達も盛んに動いていた。

じきにホウネンエビカブトエビなど古代を偲ばせる虫達も現れるだろう。

人工的な環境だが、食って食われての自然がここにあった。もちろん、鳥たちも

索餌に余念がない。

3羽烏(サギだけど)はどっち向く?

ある田んぼで3羽のアオサギを見かけた。どれもが同じ方向を向いている。

わたしもそちらに目を向けるが、何がいるという訳でもない。

そしてやおら1羽がグゲェ!と鳴いたかと思えば3羽が一斉に飛び立った。

まるでシンクロ何とかのようだ。

そういえば、シジュウカラは幾つかの「単語」を組み合わせて会話をするそうだ。

さらには異なる種類のカラ類にも通じると言うから驚きである。

ひょっとしたら、アオサギも似たようなコミュニケーション手段を持っている

のかも知れない。そのあたり研究が進めばもっと面白くなるだろう。

今日観た鳥:アオサギダイサギチュウサギカワラヒワ、ヒヨ、キジバト

ホオジロハヤブサカルガモハクセキレイ、ムク、カチガラス、ヒバリ、

タシギ、ウグイス

鳥たちのレストラン

田植えが始まった。代掻きから田植えまであっという間に済ませていく。

水が張られた田んぼには、食べ物になる生き物が一気に増えるため、色んな

動物たちの楽園になる。(食ったり食べられたりの関係ではあるが)

鳥たちにとっても、いわば食べ放題のレストランである。

紅い嘴が特徴的!

並ぶ早苗の中に、ハトくらいの大きさの水鳥を見かけた。紅い嘴がとっても

印象的だ。すかさずなんちゃってコリメイト。

水の中にしきりに顔を突っ込んで何かを食べている。初めて観る鳥だ。

帰って調べてみるとバンだということが分かった。

冬に池や川によくいるオオバンの仲間だそうだ。(あちらは嘴が白く、もっと

体も大きい)

さて、他の田んぼを観てみると、いろんな鳥たちがめいめい食事を摂っていた。

ごはんの宝庫

上の写真には、アオサギハシボソガラスの他にハクセキレイイカルチドリ

ムクなどがいる。見切れているが上空にはツバメが舞っている。たった1枚の

田んぼにもこんなに鳥は集まるのだ。

今日観た鳥:バンNEW!

アオサギハクセキレイ、ムク、イカルチドリカワラヒワホオジロ、ヒヨ、

カワセミカイツブリキジバト、カチガラス、ツバメ、ヒバリ、スズメ

ツグミがいないため大空4姉妹ならず)

 

カワラヒワのごはん時間

カワラヒワが無心に木の葉をパクついていた。いったい何の木だろう。

♪この木何の木気になる木(実に名曲)

さて、動物はある一定の物しか食べない種も多いのだそう。そこを行くと

ニンゲン様の雑食ぶりが改めて際立つ。

何をそんなにパクつくのか

このカワラヒワは田畑などでもよく目にする鳥である。腰のあたりの黄色い模様が

特徴的な愛らしい鳥である。スズメにも何となく似ていて、鳴き声もチュリチュリ

といった感じで割と覚えやすい鳥だと思う。

 さて、この鳥は嘴の形からおそらく木の実や種子をよく食べているのではないか。

それだとしたら、このように葉っぱをパクつくのはよく分からない。

この木は一体何の木だろうか。本当にこの趣味をやりだしてから、今まで気も向け

なかったいろんなものに興味が湧くようになった。

この年にはなったが、双眼鏡で観える世界の面白さに気が付いたことを感謝したい。

今日観た鳥:カワラヒワシジュウカラ、カチガラス、トビ、イソヒヨドリ♂♀、

ウグイス、ヒヨ、コゲラキジバトコサギアオサギホオジロ、ヒバリ

使用機材:ヒノデ8×42-C2

造成地のコアジサシその3

観るだけでは飽き足らず、ついにカメラまで引っ張り出し、三度出掛けた。

早朝から群舞が見られ、鳴き声も大いに賑やかである。

パッと観てやはり100羽以上はいると思われる。餌を運ぶ親鳥も多く観る

ことができた。

照準合わせが困難

腕が稚拙ゆえに飛び交う目標を捉えられない。

「ムダ弾」を撃つこと数百発。何とか見るに堪えうるものは数枚だけだったが、

改めて見るとカモメの仲間であることが分かる・・気がする。

しかし、小一時間もいると私は中の数羽から警告をうけるようになった。

頭上をけたたましく鳴いて飛び交い始め、じきに真っすぐ突っ込んできて1m

ほど目前で急旋回する。それでも退かなければ糞を飛びながら落としてくる。

やはり彼らにとって、今が大事な時期なのだということがよく分かった。

子育ては人も鳥も一緒。命がけなのである。

今日観た鳥:コアジサシ、シロチドリ、アオサギダイサギチュウサギ

ヒヨ、カチガラス、カワラヒワホオジロ、ウグイス、ハクセキレイ、ムク、

シジュウカラコゲラ、ヒバリ、キジバトカイツブリ

ホトトギスコジュケイ(どちらも声のみ出演)

使用機材:ビクセンアルティマ10×42

造成地のコアジサシその2

造成地でのコアジサシの群舞とシロチドリの親子を観て、また会いたくなり

再び現地を訪れた。

カンカン照りの晴天だったが、青空にコアジサシの白い翼は良く映える。

今日は100羽ほどいただろうか。ほとんどがコアジサシで、シロチドリが

少し混じる程度。

飛んでいるもの、休むものそれぞれ

しきりに鳴きかわし、どうも仲間内で何かを喋っているようすにも思える。

それが証拠に、不用意に彼らの巣とおぼしき場所に近づくと頭上を掠め取んで、

キュイ!キュイ!と警告するような鋭い鳴き声を発してくる。

もうひとつの証拠にこんな可愛いものが撮れた。

赤ちゃんをだっこ

なんちゃってコリメイトなので、画像がどうにもよくないが、親鳥の頭のすぐ下に

赤ちゃんの顔が見えているのが分かる。翼の下であやしているように見えた。

他にも何羽もコアジサシのヒナを見かけることができた。小魚を裂いて与えたり

くちばしで「よしよし」とヒナをなでるような仕草が見られる。とてもこどもを

大切にする鳥なのだろう。早く大きくなって飛び立つ日が来るよう祈る。

今日観た鳥:コアジサシ、シロチドリ、カモメ、イソヒヨドリ♂、トビ、ミサゴ、

ホオジロカワラヒワ、ヒヨ、ウグイス、ヒバリ、イソシギアオサギコサギ

シジュウカラホトトギス(声のみ出演)

使用機材:賞月観星UF7×32WP